葬儀・葬式で僧侶に渡すためのお布施の目安

葬儀・葬式の際には必ず必要になるお布施ですが、一体いくらくらい包むべきなのか、いつのタイミングで渡したらよいかなども気になります。日本の場合はほとんどが仏式の葬儀・葬式であり、お坊さんによる読経による供養が必要です。お寺とのお付き合いの中で葬儀・葬式に関わることとして、戒名を付けてもらうことがあります。僧侶も仕事として行いますので、その際には戒名料を支払うことが前提です。でも戒名を付けてもらったことが、イコールでお布施の金額にはなりません。お通夜と告別式を1人の僧侶に依頼して、読経を2日に渡りあげてもらう場合の、お布施の目安を知っておくことはできます。関東エリアであれば20万円から35万円ほど、関西エリアならば20万円前後がお布施の目安です。お寺との関係性や、地域による違いもありますが、お布施は大体15万円から50万円とかなり差はあります。目安を頭に入れながら、実際の金額を確かめる必要があるため、お坊さんやお寺を紹介してもらった場合は、間に入ってくれた葬儀社に質問をしてみることです。

投稿者について

L8qtJNJANyGT