赤ちゃんの場合火葬だけを選択するケースも

死産の赤ちゃんの場合は必ず葬儀が必須ではなく、お葬式は出さなくても問題はありません。葬儀はしないで、火葬のみを選ぶケースも多いです。お葬式は出さないものの、赤ちゃんの骨は残したいと考えることもあります。大人とは異なり赤ちゃんはサイズ的にも小さく、遺骨を絶対の残すことができるとは言い切れません。火葬場の事情を見た時に朝の時間はまだ火力も弱いですが、それでも骨が残る保証はないです。探してみると火葬場の中には、胎児専用の火葬炉を用意していることもあります。骨を残すことができないとしても、遺灰だけでも火葬後に、持ち帰ることは可能かを確認するのも一案です。他にも火葬場に事前に相談をしたいことは、棺に一緒に入れるものであり、何でも入れてよいわけではありません。共に入れたものが火葬の邪魔となり、綺麗にお骨が拾えない事態になることもあるためです。絵本やおもちゃに赤ちゃん宛ての手紙や、あらゆるベビーグッズも入れてあげたくなりますが、可能かどうかも事前に確認をします。