火葬だけしてもらえばいいという考え

現在、葬儀や供養の方法が多様化していると言われています。元々は葬儀の方法というのは地域ごとにある程度決まっていたと言われます。しかし、地域での人間関係の希薄化とともに、そうした方法に合わせなくてもいいと考える人が増えてきました。葬式は人生の中で一つの大きなライフイベントであると言えますが、そうしたライフイベントに対する考えも変わってきています。結婚式や披露宴をしない人が増えているのと同様に葬式もしなくてもいい、あるいは簡素なものでいいと考える人が増えているのです。しかし、火葬だけはしないわけにはいきません。ですから、火葬だけして後は海洋散骨で供養する、そのまま直葬するというパターンがかなり多くなっています。宗教的なこだわりがなければ、実際のところそれで十分だと言えます。このように普通の葬儀よりも簡単な家族葬を超えて、さらに簡素化していく流れも着実に存在しています。今後、葬儀がどうなっていくのか注目しておきたいものです。